オウチde検査キット

ご注文画面へ

お問い合わせ

ご注文画面へ

お問い合わせ

ピロリ菌検査

ピロリ菌について

ピロリ菌撲滅(除菌)キャンペーン展開中。 ピロリ菌除菌で胃がんの発生が、3分の1~6分の1に減る!

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは、胃の出口あたりに多く住み着いている細菌で、日本人の成人では、約半数が感染しているといわれています。そして年齢が高いほど感染率は高くなり、20代~30代では1割~2割ですが、50代以上では7割~8割に達します。
ピロリ菌が胃の粘膜に侵入するとアンモニアを産出し、胃の粘膜を傷つけ、その状態が長く続くと炎症を繰り返して慢性の胃炎を起こしやすくなり、そこから様々な胃の病気が発症し、近年の研究では「胃潰瘍の70%、十二指腸潰瘍の90%がピロリ菌が原因」といわれ、さらに胃がんの約98%はピロリ菌感染がそのベースにあるとされています。
※ピロリ菌と胃がん発症との医科学的検証は、今未だ進行中です。

ピロリ菌の発生率

ピロリ菌除菌による胃癌の予防

中国でおこなわれた大規模な比較臨床試験でピロリ菌除菌による胃癌予防効果が確認されました。日本でもいくつかの追試がおこなわれ、除菌により胃癌発生が3分の1~6分の1に減るとの報告が相継ぎました。

ヘリコバクター・ピロリ

ヘリコバクター・ピロリは、胃の内部生息する細菌(以下、ピロリ菌)で、消化性潰瘍や慢性胃炎などを引き起こすと言われています。
特に十二指腸潰瘍を伴う慢性萎縮性胃炎患者で高率に認められるため、その主たる原因菌と考えられています。 最近の研究では、ピロリ菌感染と胃がん発生には、何らかの関わりのあることを示唆され始めています。がん患者の胃の内部からもピロリ菌が高率に検出されています(約98%の確率)。

DEMECALピロリ菌検査(胃がんリスクチェック)

胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などのチェックに

この検査キットは、ピロリ菌に対して体内で作られる抗体の量を測定します。 ピロリ菌は胃の内部に生息細菌で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの原因細菌 と考えられています。

DEMECAL胃がんリスクチェック(ABC分類)

胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などのチェックに

この検査キットでは、ピロリ菌に対して体内で作られる抗体の量の測定とペプシノーゲン検査を行います。ピロリ菌は胃の内部に生息細菌で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの原因細菌 と考えられています。
ペプシノーゲン検査は胃の内部の粘膜状態を調べることにより、胃粘膜の萎縮を検査します

ピロリ菌の主な感染経路は?

ピロリ菌の感染経路は、幼少期に保菌者である親から経口感染(食べ物、唾液など)で感染するとされていますが、完全に解明されてはいません。衛生状態が悪い国では水道も感染経路のひとつとなるようです。

ピロリ菌の感染率は?

免疫力が弱い乳幼児の頃は感染しやすく、そして衛生環境が悪いと感染率が高くなります。
戦後間もない衛生環境が良くない時代に生まれた団塊の世代やそれから数年の間に生まれた50歳以上の年齢層では、8割以上の感染率があるとされています。

DEMECALピロリ菌検査キットでは、ピロリ菌に対して体内で作られる抗体の量を測定します。
結果に関しては、その感染が現在、胃の中に存在する細菌によるものか、過去の感染によるものかの区別がつきませんので、その鑑別の必要はありますが、ピロリ菌感染の有無を調べるうえでのスクリーニング検査としては有用です。

ピロリ菌検査パッケージ
ピロリ菌検査キットのa注文ページはこちら

ピロリ菌が見つかった場合は

ピロリ菌が発見された場合は、除菌治療を行ないます。基本の処置は、胃酸分泌抑制薬である

①プロトンポンプ・インヒビター
②アモキシシリン
③抗生物質であるクラリスロマイシン


をあわせて1週間服用します。この3剤併用によって、90%以上が除菌できるとされています。
除菌治療では逆流性食道炎など色々な副作用が見られますが、自分で判断して薬を中止すると直りにくくなりますのでご注意ください。また、このピロリ菌検査に併せて、ペプシノーゲン検査を行なうことで、慢性胃炎や萎縮性胃炎の進行が判別できます。
横須賀市(神奈川県)や三鷹市(東京都)などの一部の市区町村では、ピロリ菌の抗体検査とペプシノーゲンを調べて、胃がんのリスク分類(A・B・C・D群)を行い、「要精密検査」と判定を受けた人だけが内視鏡検査を受ける「胃がんリスク検診」を一部公費負担して実施しています。この検査方法は、通称「ABC検診」とも呼ばれています。

最近のトピックスとして、発起人に堀江貴文氏を含む、専門医や医学生、クリエイター等の有志が集まり、「予防医療普及委員会(一般社団法人として設立予定)」を設立しました。最初のプロジェクトは「胃がんを防ぐこと」。「ピロリ菌を除菌することで胃がんの発症を3~4割減らせる可能性があります」という掛け声のもと、『「ピ」プロジェクト』を立ち上げ、その活動費(簡易検査キットの購入やウェブサイト立ち上げ等)にかかる費用として1,000万円をクラウドファンディングで募集し、成立しています。

ピロリ菌検査キットのa注文ページはこちら